2022年11月に公開されて以降、注目を集めているAIチャットボットサービス「ChatGTP」。対話形式で会話だけるだけでなく、調査やドキュメント作成などにも活用でき、大幅な業務効率化が期待できます。

しかし、

「企業が導入するメリットは?」
「ChatGTPで実際に何ができるの?」
「ChatGTPをどうやって活用すればよいか分からない」

といった疑問や悩みをお持ちの方もいるでしょう。

そこでこの記事では、ChatGTPを活用したドキュメントやコンテンツの作り方、企業が導入するメリットと使用時の注意点について、実際のプロンプトと回答例をもとに詳しく解説

また、応用編として、ChatGTPのAPIを活用した業務効率化のアイデア例も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ChatGPTとは?

ChatGPTとは、人工知能を研究するアメリカのOpenAI社によって開発された「対話に特化した言語モデル」のひとつ。入力したテキストに対して、対話形式で回答するAIチャットボットサービスであり、質問応答、文章生成、学習サポートなど多岐にわたって活用されています。

2022年11月30日に公開されてから、わずか2カ月で世界ユーザー数が1億人を突破。国内でも注目を集めており、すでに企業でのChatGPTを導入が始まっているのはもちろん、日本では政府や省庁での活用も始まろうとしています。

ChatGPTの能力と特徴

ChatGPTは以下のような能力や特徴を持っています。

・自然言語で指示できる
ChatGPTは、人間と会話するときと同じ自然言語での指示を理解できるため、複雑なコーディングやプログラムの知識を必要としません。そのため、専門的な知識を持っていなくても直観的にAIとコミュニケーションを取ることができるのが特徴です。

・対話形式で回答を引き出せる
ChatGPTでは、入力した質問に対して対話形式で回答を引き出せます。人間の会話と同様に、これまでの会話(質問)の流れを汲み取ったうえでChatGPTが回答を生成することも可能です。これにより、より自然なやり取りを通じて回答や情報を得ることができます。

・文章のスタイルや言語を変えることができる
ChatGPTは、ユーザーの要求に応じて生成する文章のスタイルや言語を変えることができます。そのため、ビジネス目的の文章生成からカジュアルなメッセージ、小説などの創作物まで様々なスタイルのテキスト作成が可能であり、さらには表を作成することもできます。日本語や英語など複数の言語でコミュニケーションがとれるのも特徴のひとつです。

ChatGPTを使ったコンテンツ制作

ChatGPTが公開されて以降、あらゆる分野で活用されはじめています。ここでは、ChatoGPTを使ったコンテンツ制作の作り方を紹介します。

調査資料の自動生成

コンテンツ制作において、調査資料の作成は重要な作業のひとつです。しかし、検索エンジンで情報を収集し、必要なものを絞り込んで整理や分析を行うといった従来の方法では、時間と労力がかかります。一方、ChatGPTを使えばこれらの作業を効率化することが可能です。

たとえば、自社サイト上に「リボよりも金利が低い返済方法」というテーマの記事を掲載することになったとしましょう。ChatGPTを活用して記事を書く場合、以下のようなプロンプト(コンピューターなどに対する指示や質問文のこと)を入力します。

リボ払いよりも金利が低くなる返済方法を一覧で出力してください。リボ払いよりも金利が低くなる返済方法を一覧で出力してください。なお、他にもこの記事作りに役立ちそうな資料のアイデアがあれば出力してください。

すると、以下のような答えが返ってきます。

ChatGPTを活用すれば、情報の収集から文章の作成までを全て行ってくれるため作業効率が大幅にアップします。ChatGPTによる資料から得られるヒントがコンテンツ制作の役に立つでしょう。

文章の質の向上と時間の削減

人間が文章を書くと、どうしても誤字脱字などのミスが発生します。そこで、人の書いた文章をChatGPTに添削してもらうという使い方が可能です。「以下の文章の添削をしてください。誤字脱字、不自然な言い回しなどを修正してください」といった簡単なプロンプトと一緒に添削してほしい文書を添えるだけで、修正を行ってくれます。ChatGPTに文書の改善案を依頼することも可能です。

多言語コンテンツの自動生成

本来、翻訳には専門家が必要です。しかし、ChatGPTはさまざまな言語に対応しているため、日本語のやり取りのあと、「この出力文を英語に訳してください」と簡単な指示を出すだけで、すぐに翻訳してくれます。

たとえば、先ほどChatGPTで生成した「リボよりも金利が低い返済方法」というテーマの文章を英語に翻訳してみましょう。

リボ払いよりも金利が低くなる返済方法を一覧で出力してください。リボ払いよりも金利が低くなる返済方法を一覧で出力してください。なお、他にもこの記事作りに役立ちそうな資料のアイデアがあれば出力してください。

という質問で出力された回答に対し、以下のプロンプトを入力します。

この出力文を英語に訳してください

すると、以下のように翻訳してくれます。

このように出力された情報を簡単に英訳することが可能です。もちろん、自分で文章を入力し「この文書を英訳してください」と指示すれば、英訳してもらうこともできます。

【ChatGPTで解決できる】調査やドキュメントの作成におけるよくある悩み

コンテンツ制作でよくある悩みは、ChatGPTを活用することで解決できる場合があります。

検索エンジンでの情報収集の手間と時間

調査やドキュメントの作成時に多い悩みのひとつが、情報収集に手間がかかること。しかし、前述したようにChatGPTでは情報収集から整理・分析までも行ってくれるため、手間と時間を削減することができます。

ChatGPTは2021年9月までの情報しか学習していないため、これまではChatGPTの欠点のひとつとして「情報が古い」という点がありました。しかし実は「WebPoint」というプラグインを使うことでカバーできます。「WebPoint」とは、指摘したウェブページから情報を収集してくれる機能を備えているプラグインです。使用の条件として、有料プランのChatGPT Pulsに加入する必要がありますが、最新の情報を活用できるというメリットがあります。

たとえば、「オーダー!」に掲載されているBtoBサイト制作のポイントや注意点を解説してくれる記事を要約してみましょう。プロンプトは、「以下の記事を要約してください。+URL」だけでOKです。実際に入力したプロンプトをは以下の通りです。

以下の記事を要約してください。https://order-us.jp/article-btob-web/

すると、以下の画像のように要約してくれます。

このように記事の要点を出力してくれるので、ChatGPTを使うと短時間で効率的な情報収集が可能です。

膨大な情報から必要なものを絞り込むスキルと労力

情報収集後は、集めた情報を精査し必要な情報だけを抜き取る作業が必要ですが、これもChatGPTで作業の短縮化が可能。ChatGPTでは出力された情報を表にまとめることができます。

さらに「Code Interpreter」というプラグインを使えば、集めた情報をグラフなどにまとめることもできるため、視認性を高めた資料作成でも役立ちます。

企業がChatGPTを活用するメリット

企業がChatGPTを活用するメリットは、以下の3つです。

・コスト削減
ChatGPTを導入することで、先に述べたような多くの業務プロセスの自動化が可能となります。従来、人手が必要だった業務をChatGPTに任せることができるようになり、人件費や研修費用を削減することができます。

・品質向上
ChatGPTには、入力された情報を学習する機能が備わっています。そのため、活用するほどに精度が向上するのが特徴です。体力や感情に左右されることもないため、365日24時間の対応が求められるカスタマーサポートなどにおいても、一貫した品質の情報提供ができるようになります。その結果、顧客満足度向上への貢献が期待できます。

・業務の効率化
ChatGPTは高速に情報を処理し、迅速にアウトプットしてくれるため、短時間でより多くのタスクを完了できます。業務の効率化はもちろん、時間の削減にもつながります。その結果、空いた時間や人員をコア業務に集中させることも可能です。

ChatGPTを使用する際の注意点

ここからは、ChatGPTを使用する際の注意点を紹介します。

情報の正確性

ChatGPTは大量のテキストデータから学習を行い、入力した質問やリクエストに対して回答を生成します。しかし、データに含まれていない最新の情報や知識については正確に答えられない場合もあり、求めている回答を得られないケースがあります。この場合は、質問の仕方を変えたり、新しい情報を与えたりするなどの工夫が必要です。

また、インターネット上に誤った情報があれば、それを学習して誤った情報を回答としてアウトプットするケースもありますそのため、ChatGPTの回答をそのまま信用するのではなく、2次チェックやファクトチェックなど人の手によるチェックをすることが推奨されます。

学習させた情報が流出するおそれがある

ChatGPTに入力した内容が、学習用として使用される可能性があります。開発会社のOpneAI社が目にする可能性があるだけでなく、ChatGPTが第三者に回答として提供するリスクを秘めています。そのため、機密情報や個人情報などの取り扱いには十分な注意が必要です。

アランくん

企業でChatGPTを導入する際は、機密情報の入力を禁じるなど対策を考えておきましょう。

著作権への配慮

近年、ChatGPTをはじめとした生成AIの普及に伴い、著作権に関する問題が浮上しています。特に、生成AIが生成するコンテンツについては著作権侵害の恐れがあると指摘されており、2023年6月、政府は「知的財産推進計画」の中で「生成AIによる著作物の学習が侵害にあたるケース」について具体的な方策を検討すると明記。

そのためChatGPTの利用においては、著作権について十分な理解と対応をしたうえで導入を検討しましょう。

【応用編】ChatGPTのAPI活用のアイデア

ChatGPTはAPIも提供しており、ChatGPTを応用した独自のツールを作ることも可能です。なお、APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)のことで、簡単に言えば、外部アプリと連携できるようにするインターフェースのことです。

ここでは、ChatGPTのAPIを利用したツールのアイデアを紹介します。

ブログ自動制作ツール

GoogleDocsには拡張機能が備わっており、ChatGPTと連携させることで、ブログの自動生成ツールを作ることができます。たとえば、GoogleDocsの拡張機能から「Apps Script」を開き、ブログの自動生成ができるスプリクトコードを入力。そこに、自分のOpen AIキー(シークレットキー)を貼り付けたあと、Googleで認証作業を行えばGoogleDocsのツールバーに「Chat GPT」というメニューを作成することが可能です。

必要なスクリプトを追加していけば、ブログのテーマを入力しただけで「ブログのアイデア」「内容の執筆」「競合記事の抽出」など様々な応用に対応できるようになります。

添削ツール

「株式会社内定くん」は、「内定くんAI」というツールをLINE公式アカウントで提供しています。ES(エントリーシート)の添削や作成が可能なほか、自己分析な企業分析にも活用できるツールです。

誰でも無料で利用でき、チャットに「企業名」や「設問」、「ESの内容」を送ることで添削だけでなく面接で想定される質問と模範解答を出してくれる仕組みです。企業分析にも活用されています。

チャットボット生成

ChatGPTに自社情報を学習させたチャットボットを生成することも可能です。社内からの問い合わせ対応はもちろん、「よくある質問」などを学習させれば、Q&Aの自動生成や外部からの問い合わせに対応したお客様向けの自動チャットボットも作れます。

また、ChatGPTではAPIを利用して入力したデータに関しては、学習しないと発表されていることから情報漏洩などのリスクを心配する必要もありません。

ChatGPTを活用した問い合わせ方法については、こちらで詳しく解説しています。

ChatGPT APIを活用したツール開発ならオーダー!

ChatGPTとAPIを活用すれば、独自のツールが開発可能です。しかし、APIの利用にはプログラミングなどの専門知識が必要なためハードルが高くなります。

お客様の日々の業務やビジネスをサポートしているビジネス・コンシェルジュの「オーダー!」では、ChatGPTのAPIを活用したツールの開発も承っています。

「自社にエンジニアがいない」「Chat GPTに詳しい人がおらずどうすればいいか分からない」「人手不足」といった場合は、ぜひオーダー!にご相談ください。ChatGPTと連動したチャットボットの開発も可能です。

まとめ

登場してまだ日が浅いChatGPTですが、すでにChatGPTと生成AIは様々な面で活用されています。大幅に業務を効率化できるとあって、すでに導入を始めている企業も多くあります。一方で、独自のツールを開発するには専門的な知識が必要という課題があります。

自社にエンジニアをもたない場合や、外注を頼みたいという場合はぜひオーダー!へご相談ください。ChatGPTの使い方から活用できる業務のご相談・開発まで、オーダー!が幅広くサポートいたします。