近年アパレル業界でもECサイトを活用した販路が拡がってきています。

しかし、アパレル製品はサイズ違いやカラーバリエーションなど、種類が豊富で物流作業が複雑

  • リソース不足で、梱包が追いつかず発送が遅くなってしまう
  • 保管、作業スペースがなく、発送作業がスムーズにいかない

など、手間のかかる梱包作業にお困りではありませんか?そんな業務負担を減らすため、梱包作業を代行業者に頼むのもひとつの手。

この記事では、アパレル梱包作業の課題や外注メリット、外注業者の選び方など詳しく解説しています。

なお、その他のアパレル物流の課題に関しては、以下の記事を参考にしてください。

アパレルの梱包作業とは | 入庫~在庫管理も必要

梱包作業とは、ピッキングされた商品に間違いないか確認し、箱詰めする作業。この梱包作業に課題を感じているEC事業者は、実は少なくありません。

とりわけ梱包作業の中でも、アパレル製品はシワやほつれの防止、水濡れや傷つくのを防ぐため、1着ずつ袋に入れる必要があり手間がかかります

また、スムーズにECサイトを運営するためには、倉庫にどのくらいの商品が入庫され、どのくらい出て行ったかを完璧に把握している在庫管理システムも必要。

梱包作業の実務作業とシステムの管理で社員の工数を大きく取られることになります。

アパレル梱包の流れ

アパレル梱包は基本的に注文が入ったあと、「ピッキング」→「検品/検針」「納品書の発行」→「梱包」→「積み込み」→「配送」という流れになります。

物流業務は一貫して作業量が多いですが、梱包関連の業務だけでこれほどの手順があります。

特に大切なのは検品作業。例えば、糸がほつれているなど不良品を見つけるのはもちろん、万が一製品に針などが混入していると、ケガなど大きな事故に繋がりかねません集中力と細心の注意が必要です。

さらに海外から商品を仕入れる場合、商品がOPP袋に入った状態で入庫しますが、袋のシワや破れが目立つ場合、そのまま顧客のところに届けると低評価の原因になってしまうことも。そこで、OPP袋の入れ替え作業も発生します。

アランくん

梱包作業は配送までスピーディーに作業する必要がありますが、同時に細かいチェックも必要となり、慣れたスタッフでも時間がかかりやすい作業です。

オプション対応で評価が上昇

オプション対応とは、ギフト用のラッピング対応をしているか、その時期に合ったカタログやチラシを同梱すること。

時期に合ったカタログやチラシを同梱することで、次の購買に繋がるきっかけにもなるため、アパレル事業者には重要なオプションです。

また、ギフト用のラッピングに対応していることで、購入のきっかけとなってくれることも。

ただ商品を梱包するだけでなく、こうしたオプションに対応できるかどうかで、そのブランドや会社の評判も変わります。

アパレル販売会社が梱包作業に抱える課題

アパレル販売会社が梱包作業に抱えている主な課題は以下の通りです。

梱包資材を揃えるのが難しい

アパレル商品は、服、シューズ、帽子などアイテム種類が豊富。

服だけでも、シャツやコート、ワンピースなど商品の大きさや形状が異なるので、梱包資材もその分用意しなければなりません。

さらに、靴やアクセサリーと服を同梱する際には、それぞれ違った梱包資材で包んでから1つの箱へ箱詰めします。

そのため、梱包資材は、段ボールだけでなく、ポリ袋、緩衝材、厚紙ケース、ハンガーなど商品が綺麗な状態で届くよう、工夫して使用します。

また、自社のロゴマークが入ったオリジナル段ボールを作って、PRするEC事業者も増えていますが、段ボールへの直接印刷は一回のロット数が多いことと、初回に版代が掛かりコストが上がってしまいます。
現在、オーダー!ではお客様にロゴシールを作ってもらうことをおすすめしています。作ったロゴシールを倉庫へ送っていただくことで、オーダー!が段ボールにロゴシールを貼る作業も代行。宣伝しつつ、コストを抑えるためのひとつの手です。

出荷に手間がかかりミスが生じやすい

サイズや色の種類が多く、梱包作業での取り間違いや見間違いが生じやすいアパレル業界は、他のEC業界と比較し、出荷に手間がかかると言われています。

前述のようにアパレル商品は種類によって梱包方法が異なります。誤った梱包方法で出荷すると、商品が破損したり、シワが寄ってしまったりすることも。さらにオプションにも対応することで、作業が複雑化しミスが生じやすくなります。

在庫管理システムがない

アパレル業界はトレンドのサイクルが早いうえ、サイズやカラーバリエーションが多く在庫管理が困難。

トレンド予測を外してしまうと、返品や在庫処分リスクも高くなります

現在、RFIDによる在庫管理を行う会社も増えていますが、いまだExcelなどで在庫数をカウントするアパレル会社も少なくありません。

属人化した在庫管理は、誤って在庫数をカウントすると修正に時間がかかる上、販売ロスや在庫過多に繋がることも。売上に影響することがあります。

アパレル業界の在庫管理に関する詳細は以下の記事にまとめていますので、併せて参考にしてみてください。

アパレルの梱包作業を外注するメリット

アパレル業者が梱包作業を外注する最大のメリットは、社員の業務負担を減らし、プロに任せることでクオリティの高い物流サービスを実現すること。

さらに、自社オフィスの在庫スペースも不要に。保管スペースのコスト削減に繋り、労働環境の改善にもなります。

自社でできない物流クオリティを実現

アパレル梱包から発送、在庫管理まで一気通貫で委託できる業者を選ぶことで、人員コストの削減だけでなく、社員の業務負担削減も可能です。

また、ノウハウが蓄積されているアパレル梱包代行に委託することで、複雑なアパレル梱包・発送までのリードタイムが短縮でき、顧客満足度や会社への信頼度向上にも繋がります。

アランくん

近年、消費者はスピーディーな配送を重視しているため、高品質でありながら商品を早く届けられることでリピートにも繋がる可能性があります

在庫スペースが不要に

物流において課題となりやすいのが在庫スペース。

EC立ち上げ時は、自社オフィスの空いているスペースに商品保管をしている企業もあります。しかし、売上増加とともに、在庫スペースはどんどん拡大。オフィススペースを圧迫し、デスクワークに支障が出かねません。

アウトソーシングすることで、これらの課題が解決でき、本来の業務に集中することができます。

梱包作業の代行業者の選び方のコツ | 実績がない会社は注意が必要

梱包作業の委託について紹介しましたが、いざ代行業者に依頼しようと思っても、業者を選ぶ基準が分からない方も多いのではないでしょうか?

この章では、アパレル梱包作業における代行業者選びのコツを解説します。

アパレル物流にノウハウを持っている

アパレルECには、以下の特徴があります。

・SKU数が多い
・保管・配送・梱包用資材などでコストがかさみやすい
・商品のサイズ・カラーバリエーションが豊富で、ピッキングミスが生じやすい

アパレル物流の梱包実績があれば、このようなアパレル特有の課題に独自のノウハウで対応してくれます

つまり、梱包ミスがなく返品率も少ない、翌日発送が可能などスピーディーな発送も可能になります。

物流に適した場所に倉庫を持っているかどうか

物流に適した立地に倉庫があるかも重要。

倉庫があまりにも都市や主要高速道路から離れていると、配送遅延が起こるかもしれません。一方、高速道路の入口や港付近の倉庫はアクセスしやすく、配送時間も短縮可能。出荷の締め時間に余裕が生まれるでしょう

オーダー!では、横浜市金沢区のシーサイドエリアに約4,000坪の倉庫を構えています。羽田空港からは自動車で約25分、横浜港からは約15分の立地にあり、国内外への輸送に最適なロケーションです。

アクセスの良さは保ちつつ、都内と比較すると坪単価や作業単価を抑えることができ、低コストと業務効率化の両方が実現します。

倉庫の最適な立地条件について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

自社の規模に対応してくれるかどうか

EC事業を立ち上げたばかりだと、出荷件数が多くない場合もありますが、業者の中には、最低出荷件数を設けている場合もあります。

個人でも利用しやすい代行サービスの特徴は以下のとおりです。

1.商品一点、小ロットなど少ない物量での対応が可能
2.初期費用や固定費が無料、もしくは安い
3.従量課金制 ※月額固定などではなく、かかった分の費用だけ支払う

アランくん

小ロットでも対応してくれる業者を選ぶと、EC立ち上げ時に物流コストが抑えられる可能性があります。

アパレル梱包作業の外注ならオーダー!にお任せ

オーダー!は、EC企業の成功を実現するビジネスコンシェルジュです。オーダー!の物流サービスではカスタマイズサービスを提供中。お客様のご要望をヒアリングしたうえで細やかに対応しています

【対応可能業務】
・ECサイトの商品 在庫管理、梱包、発送
・検品代行
・海外向け発送
・物流業務プロセス見直しコンサルティング
・物流システム導入 など

また、オーダー!ではECサイトの運営から梱包・発送代行までセットで外注が可能です。

【セット外注のメリット】

・在庫管理、顧客情報を専用システムで管理できる
・在庫管理ミスを削減できる
・ECサイト担当者・倉庫管理者間のコミュニケーションコストを削減できる
・本来力をいれるべき業務や、新規の施策などに集中できる
IT×物流のプロ集団にお任せ

オーダー!の物流サービスはこちら

EC物流の課題を全力解決

オーダー!のアパレル物流の事例

オーダー!のアパレル物流事例を紹介します。 

一つ目は、子供服のアパレル会社様の事例です。 

EC事業を展開しており、商品をインターネットで販売。オーダー!導入前は在庫管理・ピッキング・検品・梱包・配送まで自社で賄っていました。

 ■導入前の課題 
・自社の作業スペースが狭いため、作業しにくい
・パート雇用者の経験不足でミスも出ていた
・セール時の注文が多く、出荷が間に合わずクレームになった

 ■導入後の効果
・商品ごとの細かいオペレーションも、ミスなく行われるようになった
・通常梱包だけでなく、イレギュラーなプレゼント包装も実施できるようになった
・商品にパンフレットやセールの案内を同梱するなど、細かい対応が可能に
・オーダー!は、1商品あたりの出荷単価が決まっているため、売上に対する原価が明確になり、さらに出荷業務にかかった費用を正確に把握できるようになった。 

また、物流倉庫を提供したことで商品の置き場所に困ることもなくなり、ご満足いただいています。

まとめ

今回はアパレル梱包作業の課題やアウトソーシングについて紹介をしました。

アパレル商品は、アイテム数の多さとアパレル特有の検品や梱包作業により、発送までの作業が煩雑になりがちです。本記事で紹介した外注のメリットや代行業者選定のコツを参考に、自社に適したアウトソーシング先を検討してみてください。

オーダー!では、アパレルEC業務代行の豊富な実績を基に、アパレル梱包作業を含む物流業務をサポートしています。アウトソーシングが気になった方は、ぜひお問い合わせ下さい

IT×物流のプロ集団にお任せ

オーダー!の物流サービスはこちら

EC物流の課題を全力解決

なお、アパレルECについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。