Shopifyを利用している事業者の皆様、またはこれからShopifyでECサイトを立ち上げようとしている方々にとって、領収書の作成と発行は重要な業務の一つです。

この記事では、Shopifyで簡単に領収書を作成・発行する方法と、おすすめの領収書アプリをご紹介します。

Shopifyで標準発行できる書類

領収書は顧客から求められたら発行しなければならないものですが、実はShopifyでは標準機能で、領収書の発行には対応していません標準発行に対応している書類は明細書のみ。領収書の発行は直接的にはサポートされていませんが、明細書では領収書の代わりにはならないため、業者側が領収書発行のための環境を整えておく必要があります

Shopifyで領収書の発行は必要?

ECサイトであっても、取引の正式な証明として領収書が求められます。特に法人顧客の場合、経理処理のために領収書は不可欠。さらに顧客が個人だったとしても、求められた場合には必ず領収書を発行する必要があります。

そのため、Shopifyストアを運営する上で、領収書を発行できるようにすることは、評判の高いECサイトを作る上で非常に重要となります。

Shopifyで領収書を発行する方法

Shopifyで領収書を発行するには、主に二つの方法があります。一つ目は、領収書アプリを導入すること。これにより、自動的に領収書を生成し、顧客にメールで送信することができます。二つ目は、Shopifyの標準の明細書発行機能を拡張すること。これには、テンプレートの編集やコードの追加が必要になる場合があります。

領収書アプリの導入

Shopifyはさまざまなアプリ(プラグイン)を導入することで、自分のECサイトの機能拡張やカスタマイズを行うことが可能です。領収書アプリも多数用意されているため、自分の使い道に合った領収書アプリを選ぶのがいいいでしょう。

詳しい選び方や、具体的なおすすめアプリについては後述します。

標準の明細書発行機能を拡張する

標準の明細書発行機能のテンプレートをカスタマイズすることで、領収書を発行できるようになります。

管理画面から「設定」→「配送と配達」→明細書セクションで「編集」を選びます。Liquidの編集画面になるので、HTMLとLiquidタグを編集して、領収書として必要な情報が表示されるようにしましょう。

なお、ソースコードを変更するため、Liquid言語やHTMLの編集に自信がない方にはあまりおすすめできません。

アランくん

より手軽なのは領収書アプリの導入ですね

Shopifyの領収書アプリの選び方

Shopifyの領収書アプリの選び方のコツは以下の通りです。

・インボイスに対応しているか
・日本語対応しているか
・コード編集は不要か

インボイスに対応しているか

Shopifyの領収書アプリを選ぶ際、日本のショップではインボイス対応が特に重要です。消費税法の変更に伴い、2023年10月からはインボイス制度が開始され、適切な税額を記載したインボイスの発行が必須になります。そのため、アプリがインボイス発行機能を持っているかどうかを確認することは必須です。また、アプリが最新の税法に基づいた形式でインボイスを作成できるか、消費税率の変更に柔軟に対応できるかも重要なチェックポイントになります。

日本語対応しているか

アプリが日本語に対応しているかも非常に重要。領収書は特に正確な言語表現が求められるため、自分がよく分かっていない言語で曖昧に設定していると、本来必要な情報が抜けてしまうことも考えられます。

コード編集は不要か

Shopifyの領収書アプリを選ぶ際には、コード編集が不要なものを選ぶことをおすすめします。コード編集を要求しないアプリは、導入が簡単であり、非開発者でもスムーズに設定変更やカスタマイズを行うことができます。また、将来的にショップのデザインや機能を変更したい場合でも、コードを触ることなくアプリの設定を調整できるため、運用の柔軟性が高まります。

Shopifyでの領収書作成におすすめのアプリ

Shopifyで領収書を作成する際のおすすめアプリ5選をご紹介します。

  • Order Printer
  • Quick Order Printer かんたん帳票出力
  • Order Printer Pro
  • 領収書
  • KIOSQ(キオスク)領収書

Order Printer

Order PrinterはShopifyが提供している完全無料のアプリ。領収書のほか、請求書も発行することが可能です。

HTMLでカスタマイズすることもでき、非常に有名なアプリのため、日本語化のためのテンプレートもネット上で多く公開されているのが特徴。知識がなくてもオリジナルの領収書を作ることができます。

Quick Order Printer かんたん帳票出力

「Quick Order Printer かんたん帳票出力」は日本の会社が提供している帳票出力アプリ。領収書や納品書、請求書、見積書の発行が可能で、領収書は明細のありなしが選べます。

インボイスや軽減税率対応しており、テンプレートから簡単にカスタマイズすることも可能。

料金は月額$9で、7日間の無料体験もあります。

Order Printer Pro

「Order Printer Pro」は、さきほど紹介した「Order Printer」の有料版。Order Printerは書類のダウンロード機能はありませんが、Order Printer Proはユーザーが、メールやサイト上から領収書をダウンロードすることが可能。顧客にとってより便利なサービスを提供することができます。

料金は月額$10/$20/$40で、14日間の無料体験もあります。

領収書

「領収書」は日本国内の企業が提供している領収書アプリで、「日本国内ストアに最適化したPDF領収書アプリ」である点が特徴。インボイス制度にも対応しており、顧客側が宛名や但し書きを自分で書けるという便利なサービスもあります。

料金は月額$9.99で、14日間の無料体験もあります。

KIOSQ(キオスク)領収書

「KIOSQ領収書」も日本語に対応しているアプリ。商品を購入した顧客に領収書発行URLを送付すれば、顧客側が領収書の発行手続きを行うことが可能です。つまり、出荷通知メールにURLを組み込んでおけば毎回自動で顧客自身が対応するので、ショップ側が対応する必要がなくなります。

定額プランの料金は月額$7.99で、30日間の無料体験もあります。

ShopifyECサイトを構築するならオーダー!

この記事でご紹介した領収書発行など、新規でストアを立ち上げる方の中には、はじめに何をどのように準備しなくてはいけないか不安に感じていることもあるのではないでしょうか。

オーダー!では、Shopifyでのサイト構築や運用、そして、自社倉庫を活用した商品の検品から在庫管理・その後の梱包・配送といった物流サービスまで、ECビジネスの包括的なサポートを行っています。

オーダー!の倉庫は、羽田空港から約25分、横浜港から約15分、神奈川県横浜市金沢区のシーサイドエリアに佇む約4000坪の物流倉庫を拠点としているため国内外への輸送にも最適なロケーションです。国内外の工場で生産した商品をオーダー!の倉庫へ直送し、そこで商品管理と加工業務を一括して行うことで、国内での余分な物流コストを削減し効率的な生産工程を構築することができます。

【個別相談メニュー】
・Webサイト構築サービス
・ECサイト構築サービス
・ホームページからの問い合わせ対応代行
・SNS運用代行
・レスポンシブ化
・バナー制作

【定額運用メニュー】
(基本プラン)
・10万円/月(税抜)
・契約期間:3ヵ月単位 
・実働時間:30時間/月

(対象業務例)
・ページ更新作業
・画像制作
・セキュリティ対応
・その他運用、保守業務 など

ご相談・お問い合わせ

まとめ

Shopifyでの領収書の発行は、顧客への信頼性を高める上で重要。適切なアプリを選定し、効率的なドキュメント管理を行いましょう。

一方、どのアプリが自社のECサイトに合っているか分からない、そもそもShopifyのECサイトをどう構築していいか分からない場合はぜひオーダー!にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

領収書以外のアプリについては以下の記事も参考にしてください。