海外展開を考える方にも使いやすいShopify(ショッピファイ)のプラットフォーム。

しかし、海外へ商品を発送する物流フローは自社で整える必要があります。海外市場で売上を伸ばしていくには、商品を迅速かつ正確に消費者のもとへ届けることが欠かせません。

海外発送には国内配送とは違う様々な課題があり、ハードルが高いと感じる方も多いでしょう。

そこで本記事ではShopifyでの海外発送の方法と注意すべきポイントについて解説します。

ShopifyでECサイトを運営している方、ECを立ち上げたばかりの方など、海外への発送方法を何から始めるべきか知りたい方は必見です。

Shopifyで海外発送を行う手順

Shopifyで海外発送を行う手順

Shopifyは基本設定で海外発送ができる状態になっています。設定の確認方法と、配送エリアを追加する手順を解説します。

海外発送の設定を確認

Shopifyで海外発送ができる状態になっているか、念のため確認しておきましょう。

【海外発送の設定確認・エリア追加方法】

1.ホーム画面左下の「設定」を選択

海外発送の設定を確認

2.「配送と配達」を選択

海外発送の設定を確認

3.「基本の配送料」にある「一般設定」の右側の矢印をクリック

※ここで「国際」の記載があれば海外発送できる状態です。

海外発送の設定を確認

4.画面を下にスクロールし、「国際」の右の三点リーダーをクリックすると出てくる「ゾーンを編集する」を選択

海外発送の設定を確認

5.配送したいエリアにチェックを入れ「完了」を選択

海外発送の設定を確認

送料と関税を設定

海外発送の場合は送料のほかに関税が必要です。配送エリアを追加したら、続いて送料と関税を設定します。

1.同じ画面の下にある「送料を追加する」を選択します。

海外発送の設定を確認

2.次の選択肢のいずれかを選びます。

  • 独自料金を設定する
  • 配送業者やアプリを使って料金を計算する
海外発送の設定を確認

「独自料金を設定する」を選ぶ場合、配送先の国や地域、商品の梱包後の大きさと重さを考慮して送料を設定します。

なるべく簡単にしたい場合は「配送業者やアプリを使って料金を計算する」を選びます。後述するアプリのインストールを行いましょう。

アプリのインストール

Shopifyストアには、海外発送を効率化する多数のアプリが用意されています。これらのアプリを活用すれば、送料計算、ラベル印刷、追跡情報の管理が簡単に行えます。

煩雑な発送業務を効率的かつ正確に行うには、適切なアプリを選んで活用していきましょう。おすすめのアプリは後ほどご紹介します。

梱包

梱包は商品保護に非常に重要なだけでなく、顧客満足度を左右する大切なポイント。特に海外発送では、荷物の扱いが乱暴になることがあるため、適切な材料選びと丁寧な梱包が求められます。

具体的には、以下のような対策が必要です。

  • 頑丈な段ボールや緩衝材を使用する
  • 水漏れ対策としてビニール袋に入れる
  • 壊れやすいものには「Fragile」のステッカーを貼る

発送

梱包し終わった商品に配送ラベルを貼って、配送業者に引き渡します。配送業者選びについては後述します。

アランくん

Shopifyの海外発送の設定はそれほど難しくありませんね

Shopifyで海外発送する際の注意点

Shopifyで海外発送する際の注意点

設定自体は簡単に行うことのできるShopifyの海外発送ですが、国際間輸送には国内向けとは違い、様々な注意点があります。具体的に見ていきましょう。

国や地域によって配送日数が異なる

海外発送では、税関の手続きや配送先の情勢によって配送にかかる日数が変わります。特に、国際的なイベントや政治的な状況が配送日数に影響を与えることがあります。

例えば、クリスマスや休暇時期は物量の増加や人手不足で通常より時間がかかる傾向があり、中国の「独身の日」など大規模なセールの時期も要注意です。

また、天候不良や災害などでフライトがキャンセルになることも。これらの要素を考慮し、顧客に正確な配送予定を伝えることが重要です。

物流コストがかさみやすい

海外発送では、配送速度を優先するとコストが増加します。また、国内向けの発送と比べて梱包コストも高くなりがちです。

ECサイトでは、顧客が商品をカートに入れたものの、送料の高さがネックとなり「カート落ち」(購入に至らずサイトから離脱すること)になることも多々あります。

特に海外発送では送料や関税を含めたトータルコストが顧客の購入意志に大きく影響するため、コスト効率の良い配送方法を選定すること、購入者が支払う最終的なコストを明確に表示することが重要です。

関税、法規制などへの対応

国境を越える配送では、そもそも発送できない商品もあるほか、各国には独自の関税や輸入制限が存在します。

これらの規制に違反していると、荷物が通関できない可能性があるため、配送する国の法規制を十分に理解し、遵守することが必要です。

▼各国の関税を調べるにはこちら ※ユーザー登録が必要ですhttps://www.jetro.go.jp/theme/export/tariff/registration.html

リスク管理

国際輸送では、商品の紛失や破損、遅延など多くのリスクが伴います。よくあるトラブルの例を挙げておきます。

  • 航空機材の変更やキャンセルによる搭載漏れ
  • 積み込みや積み下ろし時の落下や振動による破損
  • 雨による水濡れ
  • 書類不備などによる通関の遅れ

これらのリスクを最小限に抑えるためには、信頼できる配送業者の選択や適切な保険の検討が必要です。リスク管理を徹底することで、安心して海外発送を行うことができます。

アランくん

海外発送では、普段から海外情勢も注視してあらゆるリスクに備えなければならないのですね

▼海外発送の方法や注意点についてはこちらもご覧ください

Shopifyでの配送業者の選び方

Shopifyでの配送業者の選び方

海外発送できる配送業者は大きく2種類に分けられます。

  • 国際郵便:日本郵便
  • 国際宅配便(クーリエ):ヤマト運輸、佐川急便、FedEx、UPS、DHLなど

それぞれの特徴を解説します。

日本郵便

日本郵便は、世界的なネットワークを持ち、安定したサービスを提供しています。小規模から中規模の商品に特に適しており、手頃な価格で利用できる点が大きな魅力です。

配送までの日数がかかる傾向はありますが、それほど物量が多くなく、コストを重視する小規模事業者や個人販売者に特におすすめです。

また、近所の郵便局を利用できるのも便利です。

クーリエ便

ヤマト運輸、佐川急便、FedEx、DHLなどのクーリエ便は、発送のスピードが比較的早いことが特長です。

特に自社便が運行しているエリアでは、配送先がアメリカやヨーロッパでも、最短で翌営業日に届くことも。その分コストは高めですが、混載便に比べて紛失リスクも低いと言えます。

一般的にクーリエは日時や時間の指定、追跡サービスなどが充実しており、国際輸送における様々なニーズに対応しています。費用とのバランスを見て検討するとよいでしょう。

Shopifyを最大限活用するためのアプリ

Shopifyの海外発送を効率化するには、アプリの利用が欠かせません。ここでは代表的なアプリを紹介します。

Shopifyを最大限活用するためのアプリ

Easy Rates Japan Post

Easy Rates Japan Post

出典:https://apps.shopify.com/easy-rates-japan-post?locale=ja

Easy Rates Japan Postは、日本郵便の送料を自動計算し、Shopifyストアに統合することができます。国際配送の料金設定を簡単かつ正確に行うことが可能になり、時間と労力の節約につながります。

価格:$9.90/月(7日間の無料体験あり)

Easy Label Japan Post

Easy Label Japan Post

出典:https://apps.shopify.com/easy-label-japan-post?locale=ja

日本郵便の送り状を簡単に作成できるアプリです。手作業での作成に比べ、時間の節約とミスの削減が期待できます。このアプリを活用することで、発送プロセスをよりスムーズに進めることができます。

価格: $14.90/月~ ※ラベル発行数の上限により異なる(7日間の無料体験あり)

Ship&co

Ship&co

出典:https://apps.shopify.com/shipandco?locale=ja

複数の配送業者と連携し、国内外の送り状を一元管理できるアプリです。これにより、効率的な物流管理が実現可能となり、複数の配送オプションを柔軟に管理することができます。

価格:従量課金制 ¥33(税込)/送り状発行1件 または月額割引プラン ¥1,100(税込)/月〜(14日間の無料体験あり)

Shopifyアプリを活用することで海外発送をより効率的かつ効果的に行うことができます。

Shopify海外発送は代行業者の活用もおすすめ

Shopify海外発送は代行業者の活用もおすすめ

Shopifyで初めて海外発送を行う場合、「何から始めて良いか分からない」「国ごとの関税や自社に最適な配送業者選び…リサーチする時間がない」とお困りの方も多いでしょう。

そこで有効な解決策となるのが、発送業務を代行する業者の活用です。

Shopifyで発生する主な物流業務は以下の通り。

  • 配送料の設定
  • 商品情報の登録
  • 受注管理・配送手配
  • 在庫管理

それぞれ細かな作業が発生するため、これらを全てまたは一部でも外注することで業務の効率化が期待できます。

導入タイミングとしては、これから海外発送を始める時はもちろん、受注が増えて作業が追いつかなくなってきた時、取り扱う品数が増えた時もおすすめです。

ここでは、海外発送業務をアウトソースするメリットを具体的に3つに分けてご紹介します。

メリット1.コア業務に注力できる

海外向けの発送が少ないうちは、自社で対応することもそれほど大変ではないかもしれません。しかし、ビジネスが軌道に乗って受注が増えてくると、煩雑な手続きや梱包作業がリソースを圧迫することがあります。

ECサイトではメディアやSNSでの発信から火がつき、前触れもなく受注が増えることもあるものです。海外展開するなら、物流フローの構築を早い段階で考えておくべきでしょう。

発送業務を代行業者に委託することで、商品開発、マーケティング、顧客対応など、より重要な業務に集中できます。

サイト運営など物流以外の業務も併せて委託ができれば、業務効率化や売上アップにさらなる効果が期待できるでしょう。

メリット2.物流コストを最適化できる

季節商品やギフト品などは需要に波があります。その場合、社内で作業人員や保管・作業スペースを調整するのは至難の技。代行会社に依頼すれば、これらの調整が容易になります。

また、近年はガソリン価格の高騰や人員不足による物流コストの上昇に対処するため、代行業者を利用することで物流コストを効率化し、可視化する動きが増えています。

また、代行業者の規模によっては、先に挙げた配送業者との契約内容によっては発送費用の割引が得られることもあります。

メリット3.顧客満足度アップが期待できる

代行業者に物流業務を任せることで、物流品質が向上し、結果として顧客満足度が高まり、リピート購入につながります。

長期的な顧客関係を構築していくには、商品の質だけではなく物流の質を上げることも欠かせないのです。

商品を安全に確実に届けたうえで、さらに試供品やパンフレットの同梱なども対応できると、他の商品の購入にもつながります。

アランくん

海外発送の代行業者を数社ピックアップして、依頼したい業務内容を相談してみましょう。相見積もりを取ることも忘れずに!

Shopifyの海外発送はオーダー!におまかせ

Shopifyの海外発送はオーダー!におまかせ

物流にまつわる業務はもちろん、サイト運営まで含めた一気通貫のサポートができるのがオーダー!の強みです。アパレルや化粧品など取り扱いが難しい商品、複雑な物流加工もおまかせください。

Shopifyの海外発送の代行は、契約期間や時間に合わせて、必要な業務を選択して依頼できる定額運用メニューがおすすめです。

【まるっとお任せ!定額運用メニュー(一例)】
●基本プラン10万円(税抜)/月
●契約期間:3か月
●実働時間:30時間/月
●業務の例
・商品管理(マスター管理、在庫管理、仕入管理)
・サイト管理(在庫登録、在数更新、商品登録、更新)
・特集ページやランディングページ作成
・ニュースリリースなどの追加・修正・変更
・レポート作成など

※ECサイト構築・物流のアウトソーシングについては個別相談にて対応いたします
※ご依頼内容に合わせてプランをカスタマイズできます

小規模事業者から大手企業まで多様なニーズに対応していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

まとめ

Shopifyの海外発送は、難しく感じられるかもしれませんが、適切な知識とツールがあれば効率的かつ確実に行えます。

効率化を図るためのアプリの活用、そして代行サービスの利用が海外市場でビジネスを成功に導くためのカギといえます。

このガイドを参考に、Shopifyの海外発送を始めてみましょう。効果的な海外発送戦略を立てることで、ビジネスの可能性を広げることができるでしょう。

▼あわせて読みたい